100年以上に渡って築かれたブランド力、マーケティング力、研究開発力を強みに、生活者の多様なニーズを捉え、これに応えることで価値創造を実現しています。

今後も主力製品をさらに強化するとともに、おいしさを追求し、減塩・減糖といった健康ニーズや調理の簡便化ニーズ等に対応し、きめ細かくソリューションを提供し続けます。

調味料、栄養・加工食品

<日本>

100年以上に渡って築かれたブランド力、マーケティング力、研究開発力を強みに、生活者の多様なニーズを捉え、これに応えることで価値創造を実現しています。今後も主力製品をさらに強化するとともに、おいしさを追求し、減塩・減糖といった健康ニーズや調理の簡便化ニーズ等に対応し、きめ細かくソリューションを提供し続けます。

事業のはじまり・展開

1909年、「味の素®」の発売とともに事業をスタート。50年代以降はうま味調味料を巡って競争環境が厳しくなり、事業の多角化を急速に進めました。
60年代には日本のインスタント食品市場が急拡大する中、米国企業との提携により「クノール®カップスープ」を発売。そこで培ったマーケティング手法を活かし、マヨネーズなど参入カテゴリーを拡大しました。
70年代には高度経済成長期から安定成長の時代を迎えます。女性労働者の増加などにより簡便志向が高まる中、風味調味料「ほんだし®」「中華あじ」や合わせ調味料「Cook Do®」を独自に開発。80年代にはさらに女性の社会進出が進み、売上は急成長しました。この「味の素®」から風味調味料・加工食品へ展開を拡大するという手法は、後に海外食品事業でも活かされました。
加工用調味料分野では60年代に、アミノ酸研究の過程で発明された天然食物の持ち味を再現する天然系調味料を発売。90年代には各種加工品の食感改質目的などに幅広く利用できる酵素製剤を大手需要家向けに発売し、海外での生産、販売も行ってきました。
以降各分野ともに、絶えざる製品改良や消費者ニーズを捉えた新製品の発売により、事業を継続拡大しています。

近年の市場変化と対応

日本では人口減少やライフスタイルの変化に伴い、消費者ニーズは多様化しています。生活者の購入チャネルも、既存の量販店、ドラッグストア、コンビニエンスストアだけでなく
eコマースが台頭するなど変化が見られます。
その中で、高付加価値製品の展開、当社レシピサイトにおける個別の献立提案、チャネル別製品の開発などによりニーズに応えていきます。
生産面では、フレキシブルな生産が可能な体制を整えるべく生産体制の再編を行っています。さらに食品物流の諸課題(トラックドライバー不足、物流コストの上昇、環境保全への対応など)の解決に向けて物流改革に着手しており、食品メーカー共同での取り組みを推進していきます。

関連リンク

コーヒー

事業のはじまり・展開

1960年代後半から日本の家庭用冷凍食品市場が急成長する一方、この時期の市販冷凍食品の品質は高くはなく、消費者からの信頼を得るには至っていませんでした。
その中で当社は調味料事業で培った技術を活かし、1972年に高品質、高級感を訴求した高価格帯の製品を発売することで事業に参入。消費者ニーズを捉え一気にトップブランドへと飛躍しました。
以後、日本における環境変化(核家族化、電子レンジの普及、大手小売りチェーンの伸長、冷凍物流網の発達など)に伴い売上を順調に拡大してきました。
90年代にはタイと中国で、現地における優良な原料を使用した特長ある製品開発やコストの優位性を活かし、海外拠点での生産を開始。海外子会社で製品を製造し日本へ輸出するという体制を整備しました。
2000年には「味の素冷凍食品㈱」として分社化をし、開発・生産・販売の一元運営を実現。
以降、安心・安全な食生活ニーズは一層高まっており、当社は原料から製品まで一貫した品質保証体制の強化に力を注いでいます。

近年の市場変化と対応

国内冷凍食品市場は国内加工食品の中では数少ない成長領域ですが、それゆえに競争は厳しさを増しています。
当社はコアカテゴリーの商品競争力を継続強化するとともに、新たなニーズの掘り起こしにも注力し、新領域の製品開発にも積極的に取り組んでいます。

関連リンク

<海外>

グローバルな製品開発・生産・販売体制、マーケティング力、ブランド力を強みに、現地の生活者の嗜好に合うおいしさと栄養改善に貢献する製品・サービスを提供しています。
事業展開国・地域の原料を使用しながら付加価値を生みだすことや、雇用拡大、さらには日本からの技術導入による食品産業の発展への貢献を通じて、今後も地域社会や生活者との共生を実現していきます。

事業のはじまり・展開

1909年、日本で味の素®の発売を始めた当初から積極的に海外市場の開拓を図り、日本人と食生活の共通性を持つアジア諸国に対し「味の素®」の輸出を開始しました。

20年代よりアジア諸国に事務所を設置。次いで北米、欧州、中南米にも現地法人を設け、60年代にはタイを始めとした現地工場の建設も相次ぎました。

「味の素®」は現地の国産原料を使用し、発酵法で生産を行ってきました。現在では世界100か国以上で販売しており、味の素グループの唯一のグローバルブランドとなっています。

80年代以降は、東南アジア諸国やブラジルで所得水準が上がり、消費者の需要が風味調味料や加工食品にも向かいます。その中で、現地に合った味とブランド名で風味調味料、メニュー用調味料即席麺、スープ、粉末飲料などを開発し展開。90年代には、タイで初めて缶コーヒーを開発・販売するなど事業の多角化を進めてきました。

現在では、売上規模の大きいアセアン、南米を中心に各国・地域の食生活や食文化に応じたカテゴリー展開を行いつつ、トルコ及び中東・アフリカなどにおいてはローカルトッププレイヤーとの連携により新地域開拓を進めています。

近年の市場変化と対応

東南アジア、南米においては所得水準が向上し中間所得層が拡大。都市化やライフスタイルの変化に伴い、市場は伝統市場から量販店、コンビニエンスストアへと多様化しています。また、調理が簡便な加工度の高い製品への需要増加といった変化も見られ、各国で対応を進めています。

製品展開の考え方

関連リンク

ソリューション&イングリディエンツ

事業のはじまり・展開

味の素®」リテール品の発売と時を同じくして、醤油製造の原料としてバルクでの供給を開始しました。以後、国内大口需要家向けの販路拡大に取り組み、1930年代には米国食品メーカーの需要を受け海外での販売も開始しました。

50年代以降、東南アジアや中南米を中心に「味の素®」の現地生産が始まり、バルクでの輸出も進みました。また味の素グループ内の他国へ輸出し、輸出先ではリテール品の包装作業を行い販売するという形態もとっています。

60年代には核酸系調味料も、リテール品に続き国内需要家向けにバルクでの発売を開始しました。海外への輸出も始まり、2000年代に入るとタイで生産工場を建設。「味の素®」の販売チャネルを活かし、現在では世界50か国以上で販売をしています。

加工用調味料分野では60年代に、アミノ酸研究の過程で発明された天然食物の持ち味を再現する天然系調味料を発売。90年代には各種加工品の食感改質目的などに幅広く利用できる酵素製剤を大手需要家向けに発売し、海外での生産、販売も行ってきました。

以降各分野ともに、絶えざる製品改良や消費者ニーズを捉えた新製品の発売により、事業を継続拡大しています。

甘味料分野では、1980年代、アミノ酸の製造技術を生かし、アミノ酸系甘味料の「アスパルテーム」を発売し事業をスタートしました。米国や欧州が主要市場の加工用製品に加え、国内ではリテール品として「パルスイート®」ブランドの発売に至りました。

現在、加工用製品としては世界約80か国で展開しています。リテール品は、日本において圧倒的なトップシェアを誇っています。

2011年には当社が独自に開発した高甘味度甘味料「アドバンテーム」が上市され、米国、欧州、日本、中国、台湾などで販売をしています。

近年の市場変化(リテール品含む)

MSG(グルタミン酸ナトリウム)の世界需要は、新興国における平均所得の上昇や人口増加などを背景に伸長を続けています。東南アジアは安定成長、南アジアやアフリカは成長を拡大しています。

また核酸系調味料は、加工食品市場の拡大と核酸系調味料の添加率の増加傾向により継続した需要拡大が期待されています。その中で当社のシェアはいずれも世界トップクラスであり、今後も安定した市場ポジションを維持していきます。

世界のアスパルテーム市場は、ユーザーの甘味コストダウンニーズに加えて、各国における砂糖由来の健康課題増加に伴う減糖ニーズの広がりにより、継続伸長しています。当社はストレスフリーなおいしさという砂糖には無い価値の提供により、世界中の生活者のこころとからだの健康に貢献していきます。

うま味調味料生産* 拠点(リテール品含む)

主な競合会社

MSG:味丹グループ、CJグループ、大象グループ、阜豊グループなどの中国メーカー

核酸:CJグループ、大象グループ。MCフードスペシャリティーズ㈱、星湖生物科技者などの中国メーカー

アスパルテーム:Sino Sweet社、Niutang社

関連リンク