活動レポート

企業で取り組む社会活動の記録

食とアミノ酸のはたらきを通して 〜Withコロナ期の味の素社の取り組みと展望〜

2020年、世の中は新型コロナウイルスの感染拡大によって、リモートワーク、マスクや手洗いの徹底など、さまざまなシーンで生活様式が一変しました。
このニューノーマル時代を迎え、味の素社では、人々が心身ともに健やかに過ごせるようさまざまな活動、支援を行っています。

味の素社の新型コロナウイルス感染防止に関する取り組み

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大にともない、世界中の人々が、新しい生活様式(ニューノーマル)に柔軟に対応しています。

味の素グループは調味料や加工食品の製造にとどまらず、衛生管理に欠かせない洗浄剤の開発・製造、医療品の原料の開発・製造などに携わっています。サプライヤーとして安定供給の責任を果たすべく、現在、世界中の工場で感染リスクの軽減策を講じながら生産を継続しています。

これに加えて、中長期的な感染対策として新しい生活様式に向き合う中で、からだとこころの健康維持のサポート事業に取り組んできました。

食事、運動、睡眠。アスリートと西井社長の座談会から見えた免疫力とは

風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくい健康なからだづくりに欠かせない要素が食事、運動、睡眠です。

昨年には、アスリートから健康なからだづくりのヒントをいただこうと、味の素(株)の西井孝明社長が、松田丈志さん(競泳オリンピックメダリスト)、成田真由美選手(水泳パラリンピックメダリスト)のおふたりと座談会を開催しました。

健康なからだと最高のパフォーマンスを維持する上で、おふたりが大切にしていることは何でしょうか?

  • ●松田丈志さん
    「自分に合った食事、睡眠、運動を見つけることが大切。この時期、何かひとつでも、自分が元気になれるテクニックを見つけられるといいですね」

  • ●成田真由美選手
    「ストレスを感じない時間をつくること。暮らしのリズムをくずさないこと。それが良いパフォーマンスにつながっていきます」

  • ●西井孝明社長
    「わかっているだけで20種類のアミノ酸がありますが、料理をおいしくする以外にも筋肉の疲労を取るはたらき、睡眠をサポートするはたらき、いろんな機能があるんですね。アスリートの方はコロナ禍においても、いろんな解決策をお持ちになっていると感じました」

座談会のダイジェストムービーはこちら
https://www.ajinomoto.co.jp/company/jp/aboutus/covid-19/immunity/

第1章:アスリートに学ぶ、日々の「食」の大切さ
第2章:アスリートが感じる、運動とストレス
第3章:アスリートが考える、睡眠との付き合い方

Withコロナ時代に味の素社ができること

免疫力を維持するうえで欠かせない「食事・運動・睡眠」に、共通している要素がアミノ酸です。

味の素社の製品には、日々の料理に欠かせない調味料や加工食品をはじめ、ストレスをやわらげ、睡眠をサポートするサプリメントなど、Withコロナ時代の健康なからだづくりにも役立てるものが数多くあります。

味の素グループはアミノ酸研究では世界一の実績と自負しています。「おいしく食べて健康づくり」という1909年の創業以来の志を引き継ぎ、新型コロナウイルスのまん延終息の一助になれるよう、尽力してまいります。

味の素の取り組み

たとえば、ひとりで走ってもみんなと走る楽しさを感じられる「バーチャルラン」の開催。スポーツイベントが相次いで中止になるなか、オンライン上で走るタイムや距離を競うイベントに、昨年6月の1か月間で29,745人が参加しました。

ステイホームで増える家での食事もサポートしています。家で料理する楽しさをオンラインで分かち合い、新たなメニューやコミュニティとつながるアプリ「アラターブル」を開発し、公開しています。味の素社名古屋支社は「ペアクック」(大切な人と一緒に買い物から料理、食事をしてコミュニケーションを取って絆を深める活動)を開始し、「AJINOMOTO PARK」で夫婦編、親子編のレシピを紹介しています。

このほか、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」を発起人企業として実施中です。これは、新型コロナウイルス感染症まん延の終結を目的とした診断・検査・治療・衛生管理等に関連した行為に対し、味の素社が関連する知的財産権を開放するものです。医療品原料や医薬品の先端技術分野においても、当社グループの技術は活用されています。本宣言により、これらの開発や製造がよりスムーズに行われ、感染症の早期終結に寄与することを願っています。

寄付活動にも力を入れています。新型コロナ感染拡大の影響を受けた飲食店を支援する「地域飲食店応援クラウドファンディングプログラム みらい飯」に賛同し、プロジェクトの主宰READYFOR社を通じて600万円を寄付しました。

日本国内だけでなく、マレーシア、ブラジル、タイ、アメリカ、インドネシア、フィリピン、ペルーへも製品提供や寄付などの支援活動を行っています。

の活動レポート

    味の素公式Twitter

    フォローする