サステナビリティニュース

第1回 「動物との共生」のあり方に関するラウンドテーブル ご報告

2020年3月11日

「私たちは地球的な視野にたち、“食” と “健康”、そして、明日のよりよい生活に貢献します」をグループミッションとする当社は、事業・製品展開において動物との関わりがあります。そのため、「動物との共生に関するグループポリシー」や「味の素㈱の動物愛護及び管理に関する考え方」を策定し、事業や製品を展開してきました。

今回、内外の動向の変化にも対応し、より時代や社会の要請にも応えられる形で当社にとっての<動物とのより良い共生>を考えていくために、この分野の有識者をメンバーとするラウンドテーブルを設置しました。これより、この場を中心に、当社のよりよい「動物との共生」のあり方について「社会との対話を進めてまいります。

2020年2月5日開催の第1回ラウンドテーブルでは、当社より、当社の企業概要、事業展開における動物との関わり、これまでの考え方や取り組みについて説明を行ったのち、このラウンドテーブルで取り上げたい重要なテーマについて、意見交換しました。その結果、以下のテーマが挙げられました。

  1. アニマルウェルフェアに関する社会認識の変化と、海外の動向

  2. 動物福祉・アニマルウェルフェアに関する法制度

  3. 実験動物のアニマルウェルフェア

  4. 畜産動物のアニマルウェルフェア

  5. 動物の「福祉」とヒトの「福利」

  6. サステナビリティにつながる問題意識(事業者にとってのアニマルウェルフェア)

第2回以降のラウンドテーブルでは、当社の「動物との共生」のあり方について、参加者から意見の多かったこれらのテーマを中心に議論を進めていきます。

出席者
ファシリテーター :枝廣 淳子氏(大学院大学至善館教授)
外部委員(50音順) :岸上 有沙氏(ESG・サステナビリティ スペシャリスト)
:久和 茂氏(東京大学 教授)
:竹田 謙一氏(信州大学 准教授)
味の素㈱ 参加者 :栃尾 雅也(代表取締役 専務執行役員)
:小島 淳一郎(執行役員 経営企画部長)