サステナビリティニュース

「動物との共生」のあり方に関するラウンドテーブルを設置しました。

2020年2月13日:東京

「私たちは地球的な視野にたち、“食” と “健康”、そして、明日のよりよい生活に貢献します」をグループミッションとする当社は、事業・製品展開において動物との関わりがあります。そのため、「動物との共生に関するグループポリシー」を策定し、事業や製品を展開してきました。

内外の動向の変化にも対応し、より時代や社会の要請にも応えられる形で当社にとっての<動物とのより良い共生>を考えていくために、外部有識者をメンバーとするラウンドテーブルを設置し、社会との対話を進めます。

2月5日に開催した第1回では、動物福祉(アニマルウェルフェア)に関する最新動向と味の素グループの現状について、議論しました。

ファシリテーター :枝廣 淳子氏(大学院大学至善館教授)
外部委員(50音順) :岸上 有沙氏(ESG・サステナビリティ スペシャリスト)
:久和 茂氏(東京大学 教授)
:竹田 謙一氏(信州大学 准教授)