プラスチック廃棄物削減

考え方

味の素グループの製品・サービスは、様々な資源を活用して生み出されています。地球上の限りある資源を効率的に活用するとともに、持続可能な循環型社会の実現に貢献することは、当社グループの責務です。近年注目が高まっているプラスチックの海洋廃棄物の問題に対しても、積極的に取り組んでいます。その一環として、2030年度までにプラスチック廃棄物をゼロにするという目標を掲げ、全社プロジェクトとして使用量削減と有効利用の施策を展開しています。
また、業種を超えた幅広い関係者の連携を強めてイノベーションを加速するためのプラットフォーム「CLOMA(Japan Clean Ocean Material Alliance)」へ参画する等、社内外の連携を通じた取り組みを進めています。

関連するマテリアリティ

活動報告

関連コンテンツ