健康なこころとからだ

世界中の人々のウエルネスを実現する

安全や安心、優れた栄養バランス、人と人のつながり等、食に求められるものは、国や地域、時代によっても変化し続けます。味の素グループは、多様な食のニーズやライフスタイルの変化に応え、高品質でおいしくからだに良い製品・サービスの提供を目指します。

アプローチ

味の素グループは創業より、うま味を活かした栄養豊富でおいしい食を普及させ、人々を健康にしたいという志を持ち、その思いを世界へと広げてきました。うま味調味料「味の素®」をはじめとする製品を通じて、たんぱく質や野菜をおいしく摂取することを可能にしているほか、各国・地域の食文化に合わせて栄養バランスの良いメニューや献立を提案し、様々な食・栄養の課題やニーズに応えることで、人々の毎日の食生活を豊かにしています。

また、栄養とおいしさの両立を追求しながら、からだだけでなくこころも満たす健康づくりを目指してきました。誰もが簡単に調理でき、忙しい中でも料理を楽しめる「スマートな調理」による生活時間の創出で、多様なライフスタイルを支えています。さらに、家族や人々をつなぐ「共食」の機会を増やすことや、嗜好飲料等の製品の提供を通じ、くつろぎや、やすらぎの時間を創出します。

これからも、「Eat Well, Live Well.」をコーポレートメッセージに、事業を通じて世界中の人々のウエルネスに貢献し、地域や社会と共に価値を創出します。

「健康なこころとからだ」の2020年度目標

マテリアリティ項目別報告

製品の安全・安心の確保

健康・栄養課題への貢献

生活者のライフスタイルの変化に対する迅速な提案