サステナビリティファイナンス

味の素グループは、2020-2025中期経営計画において「食と健康の課題解決」へあらゆる経営資源を集中することを基本方針としています。この方針に則り、当社グループを取り巻く経営環境を認識した上で、その変化に対応し社会的課題の解決に取り組むことが企業価値の向上に資するものと捉えています。

そして、各種取り組みに対して必要な資金についてはサステナビリティファイナンスを積極的に活用していきます。これにより、当社グループが掲げる2030年までの2つのアウトカム「10億人の健康寿命の延伸」と「環境負荷の50%削減」の実現、および持続可能な社会の実現に向けた取り組みをより一層加速させていきます。

サステナビリティボンドの概要
名称 第27回無担保社債
発行体 味の素株式会社
発行年限 7年
発行額 100億円
利率 0.130%
発行日 2021年10月21日
資金使途
  • ニュアルトラ社(アイルランド)の株式取得
  • タイ味の素社カンペンペット工場におけるバイオマスコジェネレーション設備導入
  • つばめBHB株式会社への出資(アンモニアオンサイト生産技術研究開発)
取得格付 株式会社格付投資情報センター(R&I): AA
S&Pグローバル・レーティング・ジャパン(S&P): A+
主幹事証券会社 みずほ証券株式会社、野村證券株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
ストラクチャリング・エージェント みずほ証券株式会社
フレームワーク フレームワーク
セカンドオピニオン 株式会社格付投資情報センター(R&I)
関連リリース 味の素㈱、グループ初となるSDGs債を発行
サステナビリティボンド発行条件決定に関するお知らせ