ギラヴァンツ北九州

2009年、前身の「ニューウェーブ北九州」がJFLで4位に入り、「ギラヴァンツ北九州」としてJリーグ入会を果たす。
2014年は、J1ライセンス未交付ながらJ1昇格プレーオフ圏内の5位に入る快挙を達成し、日本サッカー史に名を刻んだ。
北九州市のシンボルとなるべく、ホームタウン活動にも注力。
2017年からは、新設される「北九州スタジアム」をホームスタジアムに据え、新たなステージへと向かう。