歴史や製法など アミノ酸を詳しく学ぼう!

ヒトのインスリンのアミノ酸配列

たんぱく質は、炭水化物、脂質と並んで三大栄養素の一つとしてよく知られています。たんぱく質は私たちの体の臓器や筋肉、ホルモンや酵素を形成する重要な成分で、体重の約20%を占めます。自然界ではおよそ500種類のアミノ酸が発見されていますが、このうち20種類のアミノ酸の組み合わせで、数十万種類にもおよぶたんぱく質が構成されています。たんぱく質がアミノ酸からつくられていることは、1953年にイギリスの化学者サンガーが牛の膵臓から分泌されるホルモンであるインスリン(ブドウ糖の利用などに必要なホルモン)の51個のアミノ酸配列を決定したことで証明されました。この51個のアミノ酸の配列が異なることで、ウシ、ブタ、ヒツジなど、さまざまな動物のインスリンがつくられています。

ヒトのインスリンのアミノ酸配列

名称 略号 名称 略号 名称 略号 名称 略号
グリシン Gly アラニン Ala バリン Val ロイシン Leu
セリン Ser スレオニン Thr システイン Cys アスパラギン Asn
グルタミン Gln チロシン Tyr トリプトファン Trp アスパラギン酸 Asp
フェニルアラニン Phe プロリン Pro イソロイシン Ile メチオニン Met
グルタミン酸 Glu ヒスチジン His リジン Lys アルギニン Arg