生活に密着!アミノ酸のチカラ

おいしさとアミノ酸

「おいしい!」の決め手!世界の食文化を支えるアミノ酸

おいしさとアミノ酸

アミノ酸ってどんな味?

おいしい食べ物はみんな大好き。「おいしさ」は五感で感じるものですが、その中でも重要なのは「味覚」。 実は、アミノ酸も食べ物の「味」に関係しているのをご存知でしたか? アミノ酸の持つ味には、甘味、酸味、苦味、うま味があります。

お料理に欠かせない、だしやスープにはアミノ酸がたっぷり

日本のだし、フランスのチキンブイヨン、中国の湯(タン)など、各国で素材や使い方は違っても、だしやスープは料理の基本。その成分を分析してみると、どのだしやスープにもアミノ酸がたっぷり含まれています。 共通して多いのは、うま味を持つグルタミン酸です。 チキンブイヨンや湯(タン)には、グルタミン酸以外に甘味や苦味を持つアラニン、アルギニンなど、さまざまなアミノ酸が含まれています。

世界のだしの中のアミノ酸
昆布だし一番だしチキンブイヨン湯 鶏肉ベース
社内データ

うま味の発見は日本人

1908年、池田菊苗博士がさまざまな食品に共通する“おいしさに寄与する味”に注目し、昆布のうま味成分であるグルタミン酸の抽出に成功しました。その味を「うま味」と命名しました。

「おいしい!」の決め手のひとつ、アミノ酸

グルタミン酸をはじめ、アミノ酸はそれぞれ甘味、酸味、苦味、うま味など固有の味を持っています。こうしたアミノ酸の組み合わせが、食べ物の味を決める要素のひとつになっているのです。

これからは、だしやスープをとるときはもちろん、できあがったお料理を食べるとき、いつもよりゆっくり味わってアミノ酸の味を体験してみませんか?おいしさについて、何か新たな発見があるかもしれませんよ。