生活に密着!アミノ酸のチカラ

免疫とアミノ酸

免疫力とは、本来持っているカラダを守る基本的な力

免疫とアミノ酸

免疫力とは

免疫とは、病原性の細菌やウイルスが体内に侵入したときにそれを排除しようとして働くカラダの自己防衛機構です。 すなわち、免疫力とは、健康全般に関る、人間が本来持っているカラダを守る基本的な力なのです。ところが、人間の免疫力は、加齢とともに徐々に低下していきます。 また、激しい運動を行ったり、過剰なストレスがかかったりすると低下すると言われています。

シスチンとテアニンで免疫力UP

カゼをひきやすい冬の時期に、シスチン・テアニンのカゼ予防効果を調べました。 ※ 対象は、成人男子176人です。 その結果、シスチン・テアニンを摂取したグループでは、シスチン・テアニンを摂取しなかったグループに比べて、カゼをひいた人の割合が少なくなりました。また、カゼの症状についても、悪寒や発熱などを訴える人が少なくなっていました。従って、アミノ酸が人間のカラダの免疫力をアップさせて、カゼにかかることを予防し、かかったとしてもその症状を抑えていることが考えられます。

風邪発症:羅患数

風邪発症:羅患日数

シスチン/テニアン含有食品が風邪の個別症状発現率に及ぼす影響鼻症状:鼻水喉症状:喉の痛み熱症状:悪寒熱症状:発熱痛み症状:関節の痛み
Kurihara et al., 日本アミノ酸学会産学連携シンポジウム2008

より低栄養状態の高齢者におけるインフルエンザウイルス感染防御に有効な抗体価(40倍以上)を確保した高齢者の割合血中の総タンパク質値が平均値未満の高齢者血中のヘモグロビン値が平均値未満の高齢者
(**:P<0.05)
Miyagawa et al., Geriatr. Gerontol. lnt., 8, 243-250, 2008