生活に密着!アミノ酸のチカラ

高齢者とアミノ酸

加齢に伴う筋肉の減少や免疫力の低下を、アミノ酸によって回復

食とアミノ酸

アミノ酸で減り続ける筋肉量を維持する

高齢になると、誰でも筋肉の減少や筋力の衰えを自覚するようになり、「年だから」とあきらめてしまいがちです。高齢期におけるこの筋肉の減少は、「サルコペニア」と呼ばれ、外出する頻度が低くなったり、転倒や骨折のリスクが増えることなどにつながりやすく、自立して日常生活を送ることが難しくなる可能性が高くなってしまいます。 サルコペニアは、QOL(クオリティオブライフ;生活の質を意味する)の低下を防ぐという点からも、重要視されています。

サルコペニアの予防や改善には、運動と栄養の効果的な組み合わせが欠かせません。 運動は、一人ひとりの筋力や運動機能の状態に応じた、安全かつ効果的な筋力トレーニングの実施が重要です。 栄養面では特に肉、魚、卵や牛乳などの良質のたんぱく質を豊富に含む動物性たんぱく質食品の積極的な摂取が厚生労働省などからも推奨されています。

動物性たんぱく質食品と同様に、栄養面からサルコペニア対策として注目されているのが、アミノ酸の利用です。 アミノ酸は筋肉のたんぱく質を構成している栄養素ですが、その中でも分岐鎖アミノ酸(BCAA)は筋肉に多く含まれている成分であり、筋たんぱく質を作り出しやすく壊れにくくする働きがあることが知られています。 このため最近は、BCAAを含む必須アミノ酸(カラダで作り出すことができないので、食事からとる必要があるアミノ酸)の摂取が、サルコペニアを防ぐ上で有用であることがだんだん明らかになってきています。 高齢者が、乳清(チーズなどの製造時に固まった部分を除いた残りの液体のこと)のたんぱく質、またはBCAAの一つであるロイシンを高配合した必須アミノ酸9種類の組み合わせのいずれかを摂取すると、後者の方が筋たんぱく質を作り出す作用が大きかったことが確認されています。 また、このロイシン高配合必須アミノ酸を継続的に摂取すると、筋肉量と筋力が向上し、歩行するスピードが速くなるなどの運動能力においても改善が確認されました。

高齢者がロイシン高配合必須アミノ酸を長期間摂取したときの筋肉量、筋力、歩行速度の変化(開始時を0とした時の比較)筋肉量の変化
筋肉の変化

歩行速度の変化
Bφrsheim et al. Clinical Nutr., 27, 189-195, 2008

ロイシンはBCAAの中でも、特に筋たんぱく質を作り出しやすくする機能が強く、加齢に伴ってその必要量がだんだんに高まることも指摘されている重要なアミノ酸です。 牛乳などの乳製品、肉、魚、卵などのBCAAを多く含む良質の食品を普段から積極的に摂るように心がけるとともに、ロイシンなどのカラダが必要とする栄養素なども効率的に利用することをおすすめします。

アミノ酸の安全性

アミノ酸はたんぱく質を構成している成分で、長年に渡って、調味料などの食品などを含めて、わたしたちの生活において幅広く活用されている栄養素であり、安心して摂取することができます。 血糖値に影響を与えることはほとんどなく、多く摂りすぎた場合でも、カラダで代謝された後に尿中に排泄されることになるので、安全性も高いといえます。

アミノ酸で免疫力を回復する

高齢になると免疫力が低下し、カゼなどをひきやすくなったり、症状が重くなったりすることがよく知られています。また医療現場では、免疫力が低下した高齢者にインフルエンザワクチンを接種しても、十分な効果が得られないことが問題視されています医療施設に入所されている高齢者を対象として、インフルエンザワクチン接種時におけるシスチン・テアニンの免疫力回復効果を調べました。 その結果、インフルエンザワクチンを接種した後、シスチン・テアニンを摂取しなかったグループでは効果があまり得られなかったのに対し、シスチン・テアニンを摂取したグループでは大きくなりました。このことから、加齢に伴う免疫力の低下が、アミノ酸によって回復されていると考えられます。

より低栄養状態の高齢者におけるインフルエンザウイルス感染防御に有効な抗体価(40倍以上)を獲得した高齢者の割合血中の総タンパク質値が平均値未満の高齢者

血中のヘモグロビン値が平均値未満の高齢者
(**:P<0.05)
Miyagawa et al., Geriatr. Gerontol. lnt., 8, 243-250, 2008 .