生活に密着!アミノ酸のチカラ

美容とアミノ酸

アミノ酸で保湿力、バリア能力をアップ

美容とアミノ酸

お肌はアミノ酸でできている

お肌はとてもデリケート。「肌年齢」という言葉もあるように、実際の年齢は同じでも、お肌の違いで若く見えたり老けて見えたりするものです。

実は、お肌のいちばん外側にある角層(角質)の天然保湿成分の半分以上はアミノ酸でできています。 アミノ酸を補うと、お肌の美容と健康に役立つことがわかっています。

皮膚の構造

保湿のカギはアミノ酸

加齢、アトピー性皮膚炎などの体質、エアコンによる室内外での急激な湿度変化、紫外線など、お肌の敵はさまざま。これによって、いちばん外側にある角層(角質)の水分量が減少すると同時に、角質の天然保湿成分であるアミノ酸も減少してしまいます。 天然保湿成分となっているアミノ酸は、セリン、アラニン、グリシンなどです。 これらを含むアミノ酸の混合液をお肌につけると、角層の5層目までも浸透し、角質の水分量を増加させる効果があります。

アミノ酸塗布後の角層アミノ酸総量
社内データ

アミノ酸で本来のチカラを回復、すこやかで美しいお肌に

セリン、プロリン、アルギニンなど22種のアミノ酸の入ったクリームをお肌につけると、角層の保湿力やバリア能を保つ効果もあります。 アミノ酸は、角層の状態を整え、お肌本来のチカラを引き出し、ターンオーバー(お肌の新陳代謝)を正常にすることで、美肌へと導いてくれます。 お肌が本来持っているチカラを十分発揮するための基礎的な成分として、アミノ酸の活用が期待されています。

アミノ酸クリーム塗布後の角層バリア能
社内データ