生活に密着!アミノ酸のチカラ

世界初、血中のアミノ酸バランスで健康チェック

「アミノインデックス®」研究

世界初、血中のアミノ酸バランスで健康チェック

血液中のアミノ酸濃度で健康状態がわかる、アミノインデックス®

血液中のアミノ酸バランスは、常にほぼ一定になるようにコントロールされています。アミノ酸は、カラダの中でさまざまな新陳代謝のネットワークを作っています。病気になると、多くの場合、代謝のバランスが変化し、血液中のアミノ酸濃度が変動することがわかっています。

味の素KKではこれに着目し、複数のアミノ酸濃度からなる指標「アミノインデックス®」による健康チェック法を確立しました。血液中のアミノ酸濃度バランスから、現在の健康状態や病気の可能性を評価する検査です。現在がんである可能性や、将来糖尿病になるリスクなどを評価することができます。  

血中アミノ酸濃度の同一人の日間比較
社内データ


体内のアミノ酸代謝ネットワーク
Suda & Tanaka, JJPEN. Vol. 11, 10, 1179-1183 (1989)

アミノインデックス®で疾患リスクが評価できると期待される病気

血液中のアミノ酸濃度の変動が報告されている病気は、各種がんや動脈硬化、糖尿病、肝臓病、腎臓病、アルツハイマーなど多くあります。

ふだんは一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度バランスですが、健康状態が変わると、そのバランスも変動することがわかっています。病気になると代謝や免疫、生体調節機能の変化に応じて、消費されたり、作り出されたりするアミノ酸があるため、血液中のアミノ酸の濃度バランスが変動するのです。 これまでに種々の疾患で、血液中のアミノ酸濃度バランスが特徴的な変動を示すことが報告されています。

血液中のアミノ酸濃度バランス

将来的な応用に期待高まる

アミノインデックス®は少量の血液サンプルで短時間に健康状態を調べられるというメリットがあり、現在の健康状態や病気の可能性を評価するのに適しています。 味の素KKはアミノインデックス®の解析を通じて得られた知見をアミノ酸プロダクトの開発に活かすことも考えています。