生活に密着!アミノ酸のチカラ

「スポーツ」に活きるアミノ酸

~アミノ酸はカラダを動かすときの基本です!~

食とアミノ酸

POINT

  • アミノ酸を上手に使うと、持久力向上、疲労回復、筋肉痛軽減、メタボ対策などの効果が期待できるようになります。

アミノ酸は筋肉の主成分「たんぱく質」を構成しています

アミノ酸は吸収まで約30分!スポーツにうってつけの栄養成分

アスリートでは「スポーツにアミノ酸」は既におなじみとなっていますが、スポーツを愛好する多くの人々にも、この栄養成分が持つさまざまな働きや効果が理解されるようになり、幅広く使われるようになっています。
アミノ酸は筋肉の主成分であるたんぱく質を構成している要素であることから、スポーツや運動をするとその必要量がかなり高まることも知られています。
摂取してから体内に吸収されるまで約30分と非常に早く、必要なときにすぐに利用できるという優れた特徴もあわせもつアミノ酸は、スポーツにうってつけの栄養成分です。

BCAA(分岐鎖アミノ酸)でパフォーマンスアップ!

BCAAは筋肉のたんぱく質に含まれる必須アミノ酸の約4割を占める

バリン、ロイシン、イソロイシンという3種類の必須アミノ酸は、総称して分岐鎖アミノ酸(BCAA=Branched Chain Amino Acids)と呼ばれています。筋肉のたんぱく質に含まれる必須アミノ酸の約4割がこのBCAAです。

BCAAを補給してパフォーマンスアップ!

ハードなスポーツや長時間の運動を行うと、私たちのカラダは不足してしまうエネルギー源を補うために、筋肉のたんぱく質を分解してBCAAを消費し始めてしまいます。つまり、筋肉が減り、損傷しやすくなってしまうわけです。

しかし、スポーツの開始前や運動している途中などにBCAAをタイミングよく補給すると、運動エネルギーとして利用され、筋肉の分解や損傷を抑えながら、より長くカラダを動かすことが期待できるようになります。
マラソンのような持久系スポーツなどではタイムの向上、球技系スポーツなどではパフォーマンスアップが期待できるかもしれません。

BCAAでスタミナ維持!すばやく回復!

スポーツ前にBCAAを補給して、筋肉の疲労を軽減

スポーツをしてカラダをハードに動かすと、エネルギー源確保のために筋肉のたんぱく質を分解してBCAAなどのアミノ酸を取り出して、カラダに供給するようになってしまいます。
前もってBCAAを補給しておけば、その原料が補給されるので、筋肉を減らしてエネルギー源を作り出すことも抑えられ、その結果、中長期的には筋肉の損傷も軽くすることが期待できるようになります。さらに、運動している間の筋肉疲労の軽減にも役立ちます。

スポーツ後のBCAA補給で筋肉を早めに回復

スポーツの直後や就寝前などにもBCAAを補給すると、損傷した筋肉の回復を早め、また筋肉痛などのダメージを軽減することが期待できると知られています。

スタミノを維持したい明日に疲れを残したくない

スポーツにはアルギニン・グルタミンも活躍

アルギニンはカラダの修復に貢献!

BCAAとともに、スポーツするカラダに役立つアミノ酸として、アルギニンとグルタミンがあります。

アルギニンは運動時の疲労感の原因の一つと言われているアンモニアの上昇を抑えます。また、成長ホルモンの分泌促進効果や、血液循環をよくする効果なども知られており、運動時のカラダに役立つと考えられます。

グルタミンは不足しがちなアミノ酸

グルタミンは筋肉に豊富に存在するアミノ酸で、BCAAと同じように筋肉のたんぱく質の合成を促進し、同時に分解を抑制する機能があることがわかっています。健康時は十分量が存在していますが、激しい運動を続けていくと、多くの臓器でこのアミノ酸が必要になり、不足しがちなことも知られており、やはりスポーツ時の補給が大切とされています。

BCAAで上手にメタボ対策

筋肉は基礎代謝でエネルギーを消費する!

メタボリックシンドロームは今や国民的関心事となっています。
筋肉が減少すると基礎代謝も減少し、エネルギー消費量が減ります。筋肉量を増やすことで自然と基礎代謝量も高まり、その結果として体脂肪の減少などの効果が期待できます。

BCAAを摂取して、快適にカラダを動かしましょう

筋肉量を増やす、体脂肪を減らすためには、適度な運動を継続して行うことが不可欠です。BCAAを含む必須アミノ酸をタイミングよく摂取することで、筋肉の疲れや筋肉痛の抑制なども期待できるようになり、快適に運動を続けることに役立ちます。