アミノインデックス®

アミノインデックス®とは?

血液中のアミノ酸濃度で健康状態が分かる

アミノ酸とは

ヒトの身体を構成する主要な成分であるタンパク質は、数十種類のアミノ酸から構成されます(主なものは20種類程度)。血液中にも体重の約0.002%(体重50kgの人であれば約1g)のアミノ酸が、遊離アミノ酸として存在します。

血液中のアミノ酸バランスの恒常性

血液中の各種アミノ酸の量はほぼ一定になるようにコントロールされています。アミノ酸は、身体の中でさまざまな代謝物とのネットワークを作っていて、そのネットワークを通し、ヒトの生命活動に深く関与しています。

病気とアミノ酸バランス

病気になると、多くの場合、代謝のバランスが変化し、血液中のアミノ酸濃度が変化することがわかっています。
例えば糖尿病の場合、健常なラットと糖尿病ラットの血液中アミノ酸濃度のバランスを比較すると、明らかに違いが見られます。そこで、糖尿病のラットにインスリンを投与したところ、健常なラットとほぼ同じ値に近づくことがわかりました。

アミノインデックス技術開発(アミノ酸研究)について

各アミノ酸の変動を引き起こす病気の報告例

血液中のアミノ酸濃度の変動が報告されている病気は、糖尿病の他にも、各種がんや動脈硬化、糖尿病、肝臓病、腎臓病、アルツハイマーなど多くあります。

アミノインデックス技術の活用

期待される活用分野

アミノインデックス®は少量の血液サンプルで短時間に健康状態を調べられるというメリットがあり、健康チェックや病気の診断ができる可能性もあります。今後、自覚症状が出にくく発見しづらい生活習慣病などの検査での活用が期待されています。
また病気を治療中の患者さんに対しても、アミノインデックス®で症状の変化を察知し、適切な処置に役立ててもらえるような研究も進んでいます。

がんリスク検査への活用

味の素では、2011年4月にアミノインデックス技術を用いて、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査を開始しました。この検査は、胃、肺、大腸、膵臓、前立腺(男性)、乳腺(女性)、子宮・卵巣(女性)について、現在がんである可能性を一度の採血で評価でき、その簡便さから全国的に広がりを見せてきています。

アミノインデックス®の情報をもっと知りたい方は

臨床アミノ酸研究会※

臨床でのアミノ酸研究に関する更なる情報は、臨床アミノ酸研究会のWebサイトをご覧ください。
※臨床アミノ酸研究会とは、アミノ酸と疾病や健康・栄養の関係について研究を行い、その臨床的研究結果を広く情報発信している医師を中心とした研究会です。

臨床アミノ酸研究会代表世話人 杤久保先生のコメント

私はこれまで約40年間、予防医学と栄養学の研究に取り組んできましたが、その中で注目したいのが「アミノ酸」です。
なぜなら、アミノ酸の摂取バランスが、体調の変化や生活習慣病の発症・進展に深くかかわっているということが、さまざまな研究で明らかになってきたからです。
タンパク質は20のアミノ酸からできていますが、血液中の個々のアミノ酸濃度を調べると、どのような生活習慣病のリスクが潜んでいるかが分かるようになってきました。
これを応用した解析サービス「アミノインデックス®」の、臨床現場での活用も始まっています。

「アミノインデックス技術」に関するお問い合わせは

フリーダイヤル0120-171-714(受付時間:平日9:30~17:30)
お客様への対応を正確に行うため、内容を録音させていただいております。