消費者庁許可 特定保健用食品「カルバイタル」 「カルバイタル」トップへ

大切な人に。あなたに。消費者庁許可 特定保健用食品「カルバイタル」

「カルバイタル」のご紹介

製品プロフィール

ポリグルタミン酸って何?

ポリグルタミン酸の効果

Q & A

「カルバイタル」ご購入はこちらから

「カルバイタル」のご紹介

消費者庁許可特定保健用食品とは?

ご愛用の皆様からのお便り

カルシウムコラム

「カルテイク」は味の素KKのポリグルタミン酸の商標です

「カルテイクマン」って何?


お母さんの知恵袋


カルシウムコラム

カルシウムは日本人にとって不足している栄養素です


日本人の食事摂取基準は、健康な個人または集団を対象として、国民の健康の維持・増進、エネルギー・栄養素欠乏症の予防、生活習慣病の予防、過剰摂取による健康障害の予防を目的とし、エネルギー及び各栄養素の摂取量の基準を示すものです。日本人の食事摂取基準によるとカルシウムの栄養素等表示基準値は1日あたり700mgですが、平成16年国民健康・栄養調査によると、カルシウム摂取量の平均値は538mgとなっており、不足している栄養素です。


食事摂取基準(ビタミン除く)
栄養素 単位 栄養素等
表示基準値
エネルギー kcal 2100
たんぱく質 g 75
脂質 g 55
炭水化物 g 320
ナトリウム mg 3500
カルシウム mg 700
mg 7.5
リン mg 1000
マグネシウム mg 250
カリウム mg 1800
mg 0.6
ヨウ素 μg 90
マンガン mg 3.5
セレン μg 23
亜鉛 mg 7.0
クロム μg 30
モリブデン μg 17
※栄養素等表示基準値:食事摂取基準(推奨量あるいは目安量)を、性および年齢階級ごとの人口により加重平均した値(1日あたり)

20代〜40代のカルシウム不足が深刻です


20代〜40代でのカルシウム摂取量が少なくなっており、男女ともに1日500mgを下回っています。特に、20代では男女ともダイエットを試みる人が少なくありませんが、食事を制限すると食べ物から摂取するカルシウム量がさらに減ってしまいます。 そのため、カルシウム不足はさらに深刻になることが予想されます。

カルシウムの摂取量(性・年齢階級別)

カルシウムは吸収されにくい栄養素


食品に含まれるカルシウムは、そのすべてが体内に吸収されるわけではありません。

どちらかというとカルシウムは吸収率が低い栄養素。牛乳で約40%、小魚で約33%、そして野菜ではわずかに約19%程度となっています。
[参考] 食品のカルシウム吸収率

カルシウムの食事摂取基準(mg/日)
年齢 男性 女性
目安量 目標量 上限量 目安量 目標量 上限量
0〜5(月)母乳栄養児
人工栄養児
200
300
-
-
-
-
200
300
-
-
-
-
6〜11(月)母乳栄養児
人工栄養児
250
400
-
-
-
-
250
400
-
-
-
-
1〜2(歳) 450 450 - 400 400 -
3〜5(歳) 600 550 - 550 550 -
6〜7(歳) 600 600 - 650 600 -
8〜9(歳) 700 700 - 800 700 -
10〜11(歳) 950 800 - 950 800 -
12〜14(歳) 1,000 900 - 850 750 -
15〜17(歳) 1,100 850 - 850 650 -
18〜29(歳) 900 650 2,300 700 600 2,300
30〜49(歳) 650 600 2,300 600 600 2,300
50〜69(歳) 700 600 2,300 700 600 2,300
70以上(歳) 750 600 2,300 650 550 2,300
妊婦(付加量) - - - +0 - -
授乳婦(付加量) - - - +0 - -
栄養素等表示基準値:700(mg/日)

目安量(AI): 推定平均必要量(ある性・年齢階級に属する人々の50%が1日の必要量を満たすと推定される摂取量)・推奨量(ある性・年齢階級に属する人々ほとんど(97〜98%)が1日の必要量を満たすと推定される摂取量)を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に、ある性・年齢階級に属する人々が、良好な栄養状態を維持するのに十分な量
目標量(DG): 生活習慣病の一次予防のために現在の日本人が当面の目標とすべく摂取量
上限量(UL): ある性・年齢階級に属するほとんど全ての人々が、過剰摂取による健康被害を起こすことのない摂取量の上限量
栄養素等表示基準値: 食事摂取基準(目安量)を性および年齢階級ごとの人口により加重平均した値